CFD

【ゴールド投資】金スポットCFDの分かりやすい始め方|メリットや金利調整額とは

更新日:

金(ゴールド)

「安全資産と言われる”金(ゴールド)”に投資してみたい」

経済が不況になると、株式などリスク資産から金(ゴールド)のような安全資産に資金が移ってきやすいので、長かった好景気が終わりを告げようとしている今、金投資を検討するのは良いタイミングかもしれません。

金投資というと「先物市場」というマーケットで売買されることが多いのですが、先物市場は売買単位も大きく初心者には向かないので、ここでは初心者にもおすすめできる「金CFD」を紹介していきます。

金CFDは差金決済取引(※)という点では先物と似ていますが、以下の点で先物よりメリットがあります。

  • はるかに少額から投資できる(7000円程度)
  • 「売り」でも入れるので下落相場でも儲けられる
  • ほぼ24時間取引できる

以上のような点から、私のような弱小個人の兼業投資家でも始めやすいのが金CFDです。

下記で金CFDについて詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

金(ゴールド)CFDの基本情報と相場の特徴

CFD銘柄 金スポット
参照原資産 ロコ・ロンドン・スポット市場
呼値 0.1ドル
通貨 米ドル
取引単位 CFD価格の1倍
レバレッジ 20倍
必要最低証拠金 約7000円
金利調整額 受け払いあり
取引時間 月曜〜金曜の8:00〜翌7:00

上記の基本情報は、私が取引している GMOクリック証券CFD を参考にしています。

後述しますが、 GMOクリック証券CFD は国内CFD取引高でシェアトップなのでCFD口座を開くならココがおすすめです。

「金スポット」とは

金CFDは、ゴールドそのもの(現物)を買ったり売ったりするわけではありません。ゴールド現物の取引価格を参照した(値動きが同じになるよう作られた)「金スポット」という電子商品を取引することになります。

なので正式には「金スポットCFD」という名称です(”スポット”は現物のこと)。

金スポットを買っても実物のゴールドが手に入るわけではなく、金スポットCFDはあくまで「金スポットという電子商品の価格の上下によって損益を得るゲーム(=差金決済取引)」でしかありません。

金というと1g(グラム)いくらという価格表示のイメージがありますが、国際価格としては「トロイオンス(TOZ)(貴金属の重量単位)」が使われています。

金スポットCFDの取引単位もトロイオンスが使用されており、「1トロイオンス(=31.103 4768グラム)当たりのドル価格」となっています。

金の価格は2つある

金CFDの価格参照元となる金の価格(正確には金の指数)はいくつかあって、代表的な金の指数は以下2つ。

  • ロコ・ロンドン市場の現物価格
    →国際的な標準価格として使われる指数。現物の取引高が世界最大。
  • ニューヨーク市場の金先物価格(NY金先物)
    →現物より先物の規模が大きい

証券会社の金CFDは、「ロコ・ロンドン市場」か「ニューヨーク金先物」のどちらかの価格を参照しています。

例えば私が利用している GMOクリック証券CFD だと、ロコ・ロンドン市場の金現物価格と連動するように金CFDが作られています。

金価格のチャート推移と特徴|逃避先としての安全資産

金はよく「安全資産」や「有事の金」と言われる通り、株式や通貨などの資産価値が下がりそうな局面での”逃避先”として買われる傾向が強くあります。

例えば、

  • 戦争や金融ショックで世界的に不況・情勢不安になったとき
  • 通貨(米ドル)がインフレしたとき

こうした「景気」と「通貨」の下落の動きで金は買われやすく、金価格が上昇していく傾向にあります。

まず、不況になって株式が下げ相場になると、世界中の投資家たちが株式などリスク資産を売却して、安全資産である金(ゴールド)に資産を退避させようとするわけです。

あるいは、USD(米ドル)ドルがインフレしたとき。インフレになると持っているドルの価値は薄くなっていきますから、こうした局面でも保有通貨の一部を金(ゴールド)に換えておこうという動きが強まります。

下の図はNY金(ニューヨーク市場の金先物価格)の長期チャートです。

金価格チャート推移

(引用:楽天証券

アメリカ同時多発テロ → イラク戦争という世界的な不安情勢の中で金価格は急激に上昇しはじめ、さらに世界的不況の引き金となったリーマンショックを経て猛烈な上昇相場になりました。

ここ15年くらいの価格推移を見てみると↓

リーマンショックから復活した2010年以降は、アメリカ経済はGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)が長い好景気を牽引してきたので、株式などリスク資産に資産が集まり、金価格は低迷しているのがわかります。

しかし、2018年末ごろから、過去最長とも言われたアメリカの好景気もついに終わりの空気を匂わせはじめており、それに呼応するように金価格がついに上昇を開始しているようにも見えますね。

先のことは誰も予想できませんが、アメリカの好景気は野球でいうとすでに9回には入っていて、もういつ終わってもおかしくない局面だと思っているので、個人的に金(ゴールド)は買い目線を持っています。

金価格と米ドルとの逆相関

金価格の動きは、よく「ドル価格と逆相関する」ということが言われます。つまりドルが上がれば金が下がり、ドルが下がれば金が上がるという傾向があります。

これは金が資金の逃避先としての性質を持っているからで、基軸通貨であるドルの信頼が揺らぐ(安くなる)と、投資家たちはドルを売って資金を金(ゴールド)に避難させるわけです。

まさに「有事の金」と言われる所以ですね。

中〜長期目線で金に投資するときは、ドル円の相場などにも目を向けておく必要があります。

銀(シルバー)と金価格の相関関係

もう一つ、金価格は銀(シルバー)と相関関係があることもよく知られています。

下記チャートは、ここ20年くらいの金と銀の価格推移ですが、比較してみると分かります↓

(金チャート)

銀チャート(銀チャート)

銀は金より市場規模が小さいためボラティリティ(価格の動き幅)が高いのが特徴ですが、値動きのタイミングや方向性で相関関係があるのが分かりますね。

しかし、景気の後退局面では、株などリスク資産からの逃避先として金(ゴールド)は買われやすい=上昇傾向にあるのに対し、銀は価格が下がるケースがあります。

その理由として、銀は工業用需要が大きいことが挙げられます。

電気・電子用や太陽電池など、銀の需要は工業用品の原料が全体の60%近くを占めています。そのため景気が後退すると銀の需要も下がってしまい、価格が下がることがあるのです。

需要の割合 金(GOLD) 銀(SILVER)
宝飾品 53% 20%
工業用 10% 55%
投資用 30% 20%

これに対して金は工業用需要が10%しかなく、投資需要比率も銀より高いという性質の違いがあります。

よく「金と銀は似た動きをするが、銀が先行して動く」ということが言われます。長いスパンのチャートを見れば大局的には似た動きをしていますが、上記の需要の違いなどもあり局面局面では違う動きもするので注意が必要です。

スポンサーリンク

金スポットCFD取引をおすすめするメリット3つ

金スポットCFDはココが良い

  • 少額から投資でき、レバレッジ20倍なので少額でもトレードしがいがある
  • 売りからでも儲けることができる
  • ほぼ24時間取引できるので会社員でもトレードできる

大きくはこの3つですね。それぞれもう少し詳しく書いてみます。

最低証拠金が安く、レバレッジ20倍なので少額でもトレードしがいがある

まず、金スポットCFDは最低必要証拠金(取引するのに最低でも必要な資金)が非常に安いのが特徴です。その時々の価格によっても変動するのですが、大体7000円程度から投資を始められます。

GMOクリック証券CFD の取引アプリ画面。現時点での最低証拠金7,246円)

これが金先物とかだと1枚取引するのに10万円くらい資金が必要です。なので7000円程度で1枚取引できるCFDは、「まずは少額から始めてみたい」という人にピッタリと言えます。

少額でできるので、トレード(短期〜中期売買)の実践練習としてももってこいです。

また、 GMOクリック証券CFD では金スポット商品CFDはレバレッジ20倍です。

これも先物とかだとレバレッジ40倍近くかかるので、レバレッジ20倍と低いCFDの方が初心者向きと言えます。

とはいえ、レバレッジ20倍というと危険なイメージがあるかもしれません。しかし、7000円程度を賭けてレバ20倍といってもたかが知れてますし、少額資金で始めれば最悪ゼロになっても勉強代として割り切れます。

またFXのイメージなどで勘違いされがちですが、CFD取引で失敗して借金を背負う(投資した額以上のマイナスが出る)ことはほとんどありません。最悪でゼロです。

厳密にいうと「可能性はゼロではない」とは言えるのですが、ほぼないです。この点については下記記事で詳しく説明したので、気になる人はご一読ください。

借金はない?
CFDトレードで借金になることはほぼない?入金額以上のマイナスになるパターンと対策

私はトレード初心者には少額からのCFDトレードをおすすめしているのですが、CFDのような証拠金取引と聞くと投資初心者が抱きがちなのが「トレードに負けて借金背負って破産……」みたいなイメージです。 例え ...

続きを見る

個人的に、CFDは初心者でも5万円〜10万円くらいから始めるのが良いと思っています。なぜなら、それくらいが「最悪失っても生活に支障は出ないけど、失ったらイタいと思える額」だからです。

投資を実践して学ぶときは「生活に支障をきたすほどの金は入れない」ということは当たり前に大事なのですが、それと同等に「どうでもいいくらいの少額でも意味がない(勉強にならない)」のです。

実際やってみると分かりますが、7000円程度を投資したところで、1日数百円の儲けが出るか損が出るかのレベル。これではリスクリターンが薄すぎて人は本気になれず、別にどうでもよくなってテキトーにポジションを取るようになります。

これが5万〜10万円の投資になると、1日で数千〜万単位の損益が出るようになり、増える喜びや失う焦りを肌で感じるようになり、投資に”本気”で向き合えるようになれます。それに5万〜10万くらいなら失敗して最悪ゼロになっても人生終了するわけもなく、イタい勉強代としてなんとか割り切れる額だと思います。

なので、「致命傷にはならないけど、失うとイタい額(失いたくないと本気になれる額)」として、社会人なら5万〜10万くらいで始めてみるのが良いと思います。

金スポットCFDは「売り」でも儲けられる

金(ゴールド)に限った話ではないですが、CFDは「買い」でも「売り」でもポジションを持てます。つまり、「売り」にベットすれば下落相場でも儲けることができるということです。

これが例えば金ETFなんかだと「買う」しか選択肢がないので、金が下落相場の時はどうやっても含み損を抱えてしまいます。

この点で、金CFDなら「売り」でも入れるので、株式市場が強くて金市場が下がりそうな時でも稼ぐことができます。

金スポットCFDはほぼ24時間取引できる

ETF(投資信託)なんかは平日昼間しか取引できませんが、CFDはほぼ24時間取引できます。日中は仕事をしているビジネスマンでも取引しやすいのがCFDの大きなメリットです。

金スポットCFD取引時間

月曜〜金曜の8:00〜翌7:00まで

とくに金や原油のような商品CFDは、ニューヨーク市場が開く22時30分〜(日本時間)深夜にかけて大きく動くことが多いです。なので私も夜間の値動きを見てからIN/OUTすることが多いです。

デイトレ派の人なら日中は触らず、夜間の動きだけでも結構な値幅取れると思いますよ。

金スポットCFDの金利調整額とは|スワップポイントのようなもの?

金スポットCFDを始める際に知っておくべきこととして「金利調整額」の存在があります。

これはFXでいう”スワップポイント”のようなものですね。CFDのポジションを作る際の対価に発生する金利相当額であり、CFDポジションを翌営業日に持ち越した際に発生します。

つまり、金スワップCFDを持ち続けると日付が変わるたびに発生する金利手数料のようなものです(その日のうちにポジションを解消すれば発生しません)。

あまり難しく考えなくても、金利調整額は取引画面などに表示されているので、そこをチェックすれば把握できます。

2019年3月18日分の金利調整額は、

  • 売りポジションに「10円」付与
  • 買いポジションに「12円」徴収

という感じです(建玉数量ごとにかかります)。

このように金利調整額は全員が払うものではなく、ポジションによって「支払い」と「受け取り」になります。仮に現在「売り」でポジションを持っている人は、1ポジにつき10円ずつ貰えるわけですね。

この「支払い」と「受け取り」は、常に「買いが支払い/売りが受け取り」なわけではなく、時々によって逆になったり変更があります。

とはいえ、金利調整額は基本的に「買い」が支払いになるケースが多いです。

なので売りポジションを持っておけば調整額を受け取りやすいですが、当然ながら「売り」を持ってる状態で価格が上昇すれば、その分マイナスが膨らみます

今から長期目線で金(ゴールド)が上昇するのに賭けて、大金でロングする(買い)場合、1日ごとに発生する金利調整額の支払いが結構バカにならなくなるので、その点は注意する必要があります。

 

金スポットCFDの始め方

最後に、金スポットCFDの始め方、おすすめの証券会社について紹介しておきます。

どこで取引するのがおすすめ? 取引業者の金CFDスプレッドを比較

CFDは取引手数料が無料と言われることがありますが、スプレッド(買値と売値の差額)が実質的な手数料として存在します。

では、金スポットCFDをトレードするならどこの取引業者がいいのか?

大手各社の金スポットCFDスプレッドを比較してみると次の通り。

取引業者 スプレッド(単位Pips)
GMOクリック証券CFD 0.4
DMM CFD 1.2
IG証券 0.5
サクソバンク 0.6

こうして比較してみると、金スポットCFDを一番安く取引できるのは「 GMOクリック証券CFD 」ですね。なので私もGMOクリック証券CFDでトレードしています。

GMOクリック証券CFD の取引アプリの画面)

確かに、BID(売り)とASK(買い)で0.4ドルの差(スプレッド)ですね。これくらいスプレッドが狭ければ許容範囲です。

GMOクリック証券CFDは、スプレッドの安さだけでなく、国内のCFD取引シェアでも業界No1です。金に限らずCFDトレードするならGMOクリック証券CFDが一番おすすめですね。

金CFDチャート

取引アプリも圧倒的に使いやすいです。初心者でも直感的に操作できるので、初めてCFDを触る人でもめちゃくちゃやりやすいですね。

株式取引の注文より100倍簡単ですよ。

初めての方は、ぜひGMOクリック証券CFDで金スポットCFDに投資を始めてみましょう!

→ GMOクリック証券CFD公式サイトを見る

-CFD

Copyright© 投資家007|投資・資産運用で資産1億円を目指すブログ , 2019 All Rights Reserved.